So-net無料ブログ作成
検索選択

無力感>脱力感 [雑感]

父の一周忌を待たずに、母が実家の近所の施設を探しに行くという事になった。
日中は話し相手も居ないし、TVも飽きたし、図書館に行くのも億劫になったし、NOVAに行っても英語が(短期間でメキメキ)話せるようにならない。
朝のトイレも(私や孫達が次々に使うので)ゆっくり出来ないし、朝の洗面所も取り合いだし、夕食は遅いし、ゴミ出しのルールは細かいし、洗濯物は(花粉症の家族が居るので)外に干せない。
娘は鬼のように歩けって言うし、楽しい事が何も無ーい!・・・という訳。

解体前の実家では、1人だからお気楽。トイレも洗面所もお風呂も好きな時に使える。
そんな事、分かってて来たはずだが思っていた生活とのギャップにストレスを感じる。

母の人生なんだから、母の好きなように暮らしたら良い。
まぁ、色々見て来てやっぱりこっちで暮らすと言うかも知れないけど、その時はもっと納得してのことだろうから、気持ちも違うはず。
母の笑顔を見たくて一緒に暮らしたが、結局母は不満ばかり。
引っ越しまでして母を迎えたのに、何だかなー。
脱力感以上に無力感でいっぱい。この半年、私は何をしたんだろう?
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女性らしさ [雑感]

通勤時にウォークマンで好きな洋楽を聴いている。
今朝は1950年代から1960年代のポップスを聴いていた。
何年振りかで聴く懐かしい曲は、普段使っていない脳の奥を刺激して不思議な気分になる。
女性の歌い方も今と昔は違っていたんだね。
昔は女性らしく(?)優しく裏声を使う歌い方。こういうのがウケていたんだね。


今は女性でもエネルギッシュな歌い方。今はこういう歌い方がウケるんだね。


テニスも、昔はクリス・エバートやシュテフィー・グラフが華麗なテニスをしていた。


今はウィリアムス姉妹のようなパワフルなプレースタイル。

時代の流れを感じる。


男性社会の中で活躍する女性の中にも色々いるが、女性らしさをどこまで出すかは微妙。
今窮地に追い込まれている某防衛大臣は、髪を巻いたりアクセサリーを着ける暇があったら、もう少し資料を読んだら?と思えて仕方がない。
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さぼてんとんかつソース [食べ物]

先日さぼてんのとんかつソースが割引価格で買えた。
KIMG0254.JPG

豚肉のチーズ巻きフライを作った。ピピッとコンロは温度設定が出来て楽チン。
DSC06388.JPG
安定した温度。
DSC06389.JPG
さぼてんとんかつソース。
DSC06392.JPG
豚肉のチーズ巻きフライ。チーズがはみ出ているのは美味しそうに見えて魅力的だが、中身が出ちゃって少なかったりする。
DSC06394.JPG

豚肉のチーズ巻きフライは、自炊を始めた頃に教科書にしていた料理本に載ってて良く作った。あれから40年以上、何度作ったのだろう。
あ、そんな話がテーマではなかった。
さぼてんとんかつソースは、スパイシーで美味しい。
でも子供達は慣れていて甘いブルドッグソースの方が好み。うちの冷蔵庫は小さいので2つ入れるのは困難。困りましたねー。
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鰯の頭も信心から [雑感]

花粉症にロイヤルゼリーが良いと言う人がいる。
効くなら試してみようかと思って飲み始めた。もちろん即効性は無いので変化無し。
結構高価なので、効果が分かる前にやめてしまうかも知れない。
ヨーグルトが良いと言うが、ヨーグルトは毎朝食べている。でも菌種で違うとも言う。
カーブスにプロテインも勧められる。コンドロイチンも飲みたい。

鰯の頭も信心から。信じる者は救われるのか?

こんな物を買ってみた。体に良さそう。でも美味しくない。
DSC06387.JPG
即効性が無くて美味しくない物は、続かないという事は分かった。
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どっちが良いかお試し [雑感]

母は解体した実家のそばの施設入所を考えている。
入所したら簡単に退所は出来ないから、良く考えないと。

「今度父の一周忌で実家のお墓に行ったら、そのまま知人宅でお世話になってどっちの暮らしが良いか考えたら?しばらくしたら迎えに行くから。」と母に言ってみた。
そしたら、アッサリ「うん、そうする。」だって。
いそいそと知人に電話して「しばらく泊めてー。」って段取りしている。
NOVAもパソコン教室も辞めると言い出した。

私は母に好きな事をして楽しく暮らして欲しかったが、楽しい事とは憧れていた英語でもカルチャースクールでもなく、古くからの友人達が勝手に訪ねて来て、お茶飲みながら毎日他愛も無い事をお喋りする事だったのでは?
だから、「お母さんを連れて行かないで!」と私に懇願した地元の友人が居たよなー。
彼女の言う事を聞いておけば良かった。

しばらく実家のそばの知人宅に泊まって、そっちが良ければ地元の施設を探す。
娘の所が自由で楽だったと分かれば、迎えに行く。
しばらくお試ししたら良いのでは?
我が家も少しのんびり出掛けたい。夕食をどこかで外食したい。

私の母を思うが故のスパルタリハビリは何だったの?空回りして母娘関係が悪化しただけ?
本音を言わずに嫁姑のような空々しい他人行儀が望みだった訳?

久しぶりに叫びます。

愛って何ですかぁぁぁぁーーーーーっ?
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る