So-net無料ブログ作成
芸術鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

大人のための良質なロック・コンサート [芸術鑑賞]

今日は所属団体の理事会でくたびれ果てました。
記事を書く気にもなれないのは分かっていたので、下書きしていた記事をアップします。

5月22日(水)にTodd Rundgren のコンサートに行きました。
DSC_0255.JPG
会場はすみだトリフォニーホール。
DSC_0250.JPG
錦糸町からすぐでアクセスが良い。
DSC_0251.JPG
DSC_0252.JPG
新日フィルがホームにしているホールなので音響が良い。(パイプオルガンがある!)
DSC_0258.JPG
収容人数が1801人と小ぢんまりしていて、2階席、3階席共に傾斜が強く見やすくて良い。
私の席は3階の前から15列目。背の低い私でも立たずに楽しめた。
DSC_0268.JPG
観客の半数以上がアラカンなのでマナーが良く、立ったり録画したりせず純粋に音楽を楽しんでいてゆったり聴けて良かった。
DSC_0269.JPG

Toddも元気だった。某サイトのToddのライブDVDレビューでは、Toddも歳とって声に張りが無いなんて書いてあったけど、今回はそんな事は全く無く音質も音量も大満足。
今回のツアーのリハーサルを1ヶ月以上やったんだと曲間のトークで本人が言ってた。
きっと体力作りもしっかりやって来たんだろうなと思った。
楽器の音も一つ一つクリアに聞こえて良質なコンサートだった。
ドラムのシンバルの使い分けも大いに参考になった。

コンサートは1部と2部に分かれていて、間に15分の休憩が入った。
シニア層にはトイレ休憩があって良かったようだった。
休憩の間にステージを撮る人が沢山。
DSC_0271.JPG
それなら自分もステージのそばまで行ってみようと思った。
DSC_0275.JPG

耳に馴染んだ70年代から90年代の曲をまんべんなく沢山演奏してくれた。
懐かしい曲、大好きな曲が生の良い音で楽しめた。
9500円以上の価値があるコンサートだった。こういうのが良いなぁ。
大音量で立ちっぱなしは疲れるよー。
以下は今回のセットリスト。

Set 1
How About a Little Fanfare?
I Think You Know
Open My Eyes(Nazz song)
Hello It's Me(Nazz song)
We Gotta Get You a Woman
I Saw the Light
Black Maria
An Elpee's Worth of Toons
Sometimes I Don't Know What to Feel
Too Far Gone
A Dream Goes on Forever
The Death of Rock and Roll
Can We Still Be Friends
Real Man
Love of the Common Man
Couldn't I Just Tell You
Fair Warning

Set 2
A Treatise On Cosmic Fire (II. The Fire Of Mind or Solar Fire)
The Individualist
(Led by a Q&A session)
Black and White
I Don't Want to Tie You Down
Determination
Cliché
Drive

Encore:
The Want of a Nail

ステージにはスクリーンがあるけど、Can We Still Be Friends の時にFreddie やDavid Bowie とToddが一緒に写っている写真が流された。この曲はそういう意味にも取れるのかとちょっと涙が出た。
T&F.jpg
T&B.jpg



帰る時に見たスカイツリーが綺麗だった。
DSC_0280.JPG

Queenが来年来るんだって!
DSC_0257.JPG
ゴールドシート5万円!うーーん。
nice!(9)  コメント(6) 

美しくも悲しい [芸術鑑賞]

午前中の出張を済ませて、午後からボヘミアン・ラプソディーを観に行った。

観客の中に泣いている女性も何人かいた。
これで全部を語ってはいないけど Brian のインタビューを見ると、ライブ・エイド以降のFreddie がエイズの進行に伴って心身共に厳しくなるシーンはやめたんだそうな。
メンバーや周囲の人たちはまあまあ似ていたけど、映画を観るうちに違和感は無くなる。
と言うのも、衣装や彼らの細かい仕草まで良く真似出来ていた。
ただ、Freddieに似せて作った義歯の歯並びは本人と違う所が多々あって、(本人より大きめの中切歯、側切歯とのコンタクト部分の距離感、犬歯の引っ込み具合と向き、下顎前歯との距離感等)もっと似せて作れただろうけど、そこはちょっと美化して作っているなーと思った。(笑)

ライブの歌声は本物のライブからとったり、Freddieの声真似そっくりさんのマーク・マーテル吹き替えて加工したものだとか。


そういう意味ではこのサントラ盤のCDは聞いてみる価値があるのかも。
ちなみにロジャー・テイラー役のベン・ハーディはドラムを叩いた事が無いのにもかかわらずオーディションでドラムが出来ると言っちゃったそうな。その後猛練習して映画では普通に叩いているので、何だか私にも出来るような気がしてしまう。

ストーリーの詳細(メンバーの出会った場所が違う)等、時代考証等は突っ込みも入れられるが、全体的には大満足。
パンフレットを買おうかと思ったら、まさかの売り切れ!再入荷のめどが立たないって。
ガッカリしつつユナイテッドシネマは品切れでもMOVIXならあるかもと思い、パンフレットを求めて電車に乗って買いに行った。
MOVIXにはパンフレットがあったので、きっと音の良いIMAXで鑑賞する客が多いのだな。
今日は普通のバージョンで観たが、今度は大画面と良い音のIMAXでもう1度観ようかと思っている。
nice!(9)  コメント(7) 

ロビン♡ [芸術鑑賞]

図書館よりDVDを借りて来た。
hook.jpg
まほさんの自治会で上映されたという記事を読んで、是非観たいと思った。
(pnさんのコメントを受けてあらすじを追記します。) 海賊フックに勝ったピーター・パンはネバーランドを出て大人になった。弁護士として多忙な日々を過ごしてたが、ある時帰宅すると愛する子供達が居なくなっていた。海賊フックが誘拐し「子供たちを返して欲しければ俺と勝負しろ。」と言う。中年太りで飛ぶ事も出来ないピーターは、ティンカーベル達の助けを得て決闘出来るよう短期肉体改造をし、決戦に臨む・・・。

家族とは何か、愛するとはどういう事か、大事な物は何か。
良い作品ですわ。
ロビン・ウィリアムスは大好きな俳優。亡くなったのは非常に残念。
パッチアダムスやミセスダウトでの名演技も印象的だけど、これも良い。
ロビン・ウィリアムスが大好きと言いながら、彼の作品のDVDもブルーレイも持っていないとは、自分でもビックリ。
これを機にロビン・ウィリアムスの作品を買って、英語を聞きまくるかー。

トム・ハンクスも大好きで、ターミナル、キャストアウェイ、フォレストガンプの3本は持っているけど、アポロ13も好き。ハドソン川の奇跡はまだ観ていないけど観たいと思っている。
HOTCOOLさんのようにDVDやブルーレイを大人買いしたくなっちゃうなぁ。
nice!(4)  コメント(4) 

渋谷にお出掛け [芸術鑑賞]

午後から渋谷Bunkamura に行って、子供達とソール・ライター展を見ました。
HPはこちら→ http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_saulleiter/
1950年代のニューヨークの様子や、飾らない日常の1ページが良かった。
69109598_o1.jpg

ずっと立ちっぱなしで疲れたので、お茶する事に。
NHKの近所のザリガニというカフェ。
DSC06832.JPG
DSC06835.JPG
アップルパイ目当てで行ったのだが、各自ワンドリンク頼むべしというお店の要望。
モロッコ風チャイを頼んでみた。ミントやらハーブが入っていてモヒート?
ジャングルのような味でした。
DSC06840.JPG
カトラリーが入っているのは膿盆じゃないですかーーー!えーー?お洒落じゃない!
DSC06845.JPG
膿盆とは、外科処置で使う容器なのでナイフがメスに見えてくる。やだなー。
アップルパイは美味しかったですよ。
DSC06849.JPG

でもね、暗いし、BGMがうるさいし、喫煙OKで煙いし、椅子が映画館の払い下げのような物で座面がバタバタして食事には適していなくて落ち着かないしで、再訪は無いなと思いました。

水曜日はレディースデー [芸術鑑賞]

ララランドを観て来ました。
lalaland.jpg
ミュージカルだから歌って踊って。
lalaland2.jpeg
途中懐メロもありました。Take On Me とかね。ノリノリで聞けました。
ハッピーエンドのサクセスストーリーだと思っていたけど、終わりが何だか寂しい。
lalaland3.jpg
お互いの夢を実現するべく激しい口論もして最後は夢が叶ったのに、スッキリしない。
映画の楽しみ方は人それぞれでしょうけど、私はエンターテイメントだと思っているので、モヤモヤするのとか血が出るのは苦手。
今月封切りのエマ・ワトソンの美女と野獣を観に行く事にします。
ディズニー映画なら最後はスッキリするでしょう。

写真 [芸術鑑賞]

六本木のミッドタウン横の富士フイルムスクエアに行った。
DSC06359.JPG
世界一美しい猫たちの写真展の広告を見て行きたくなった。(今月16日まで)
DSC06319.JPG
撮影OKなので、遠慮無く録らせて頂いた。
DSC06329.JPG
ポスター。
DSC06331.JPG

中の様子。
DSC06344.JPG
DSC06338.JPG
DSC06339.JPG
DSC06341.JPG
DSC06340.JPG

せっかく長女とお出掛けしたので、お茶する事にした。
ミッドタウン2FのU kafe 。
DSC06369.JPG
テーブルに座ると良い感じ。
DSC06365.JPG
外も見えるし。
DSC06361.JPG
チーズケーキが美味しかった。
DSC06366.JPG

帰りは帰宅ラッシュの時間帯になった。電車に乗っているみんな帰巣本能強いなぁ。

あるよ [芸術鑑賞]

子供達と3人で映画HEROを鑑賞。
DSC02224.JPG
次女がHERO大好きで、TV放映中からずっと見ていたので今日は楽しみだった。
我が家で「あるよ。」は流行語になり、その後定着しちゃったくらい。
DSC02223.JPG
木村拓哉演じる正義感の強い検事・久利生は、交通事故を調べるうちに治外法権の大使館に乗り込んで行き、事件の真相を突き止める。それに協力する人、それを阻止しようとする人、色々な人の欲望と感情が入り交じってストーリーは進む。
過日TV放映された前回の劇場版HEROもタモリが出て面白い作りになっていましたが、今回も登場人物が皆個性的で楽しく鑑賞出来ました。大使館の造りも良く出来ていて建築学的にも興味深かった。

スクリーンの外に記念撮影用のセットがあったので、せっかくだから1枚。
HERO.jpg

サントラCDを買おうかどうか思案中。

「HERO」2015劇場版オリジナルサウンドトラック 音楽:服部隆之

「HERO」2015劇場版オリジナルサウンドトラック 音楽:服部隆之

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: avex CLASSICS
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: CD



イカレポンチ2 [芸術鑑賞]

レディースデーなのでディズニー映画、シンデレラを鑑賞してきました。
DSC01815.JPGDSC01818.JPG
ストーリーはお馴染みのやつそのまんまでしたが、私の大好きなイカレポンチが出てます。
今回はシンデレラが舞踏会に行けるように魔法を掛けるフェアリー・ゴットマザーの役。
DSC01819.JPG
英国王のスピーチやハリーポッター、レ・ミゼラブルにも出ていたヘレナ・ボナム=カーター。
頭のネジが1本外れているようなイカレポンチを演じるのが上手い。→イカレポンチ
昔のアニメ版のフェアリー・ゴッドマザーはちょっとポッチャリしてるが、きちんと仕事する妖精だった。今回は風変わりな妖精だった。庭先でホームレスのような汚い格好で寝ていて、シンデレラに「パンとミルクをくれ。」と優しさを試してから魔法を掛けます。
マレフィセントの時もそうだったけど、妖精に色々キャラクター付けしてます。
DSC01823.JPG
お馴染みのストーリーだけど、継母は憎たらしい事この上ない。どうして意地悪になったのかという理由が分かるシーンが入っているのがディズニーらしいところかな。
で、王子様と結婚する時に継母に仕返ししたシンデレラは、やっぱり優しいだけの女性ではなく鬱憤を晴らしたいよねー分かる分かるーというラストが面白かった。

リバーダンス [芸術鑑賞]

テニススクールで3時間汗をかいた後、午後から子供達と渋谷ヒカリエに行った。
DSC01486.JPG
7年振りの来日だって。暫く見なかったもんねー。
ヒカリエの中にコンサートが開けるホールがあったとは知らなんだ。
カフェも気になるけど、またいつかね。天井の形が客席のスロープ?
DSC01490.JPG
ホールに行くと造形美。
DSC01502.JPG
衣装が展示してあった。
DSC01497.JPG



しっかり楽しんだ後はお腹が空く。ヒカリエ4階のHARBSに吸い込まれた。
DSC01505.JPG
美味しいケーキなのにお茶が美味しくないのでテイクアウト。
DSC01508.JPG
大きいケーキなので、夕食は茄子とトマトのスパゲッティーを少なめに作って主食はケーキ。
有意義な日曜日だった。\(^^)/

子供向け [芸術鑑賞]

午後から次女とドラえもんStand By Me を観に行きました。(水曜日はレディースデー♪)
DSC09742.JPG
全ての子供経験者へ、という事なので、大人にしか分からないメッセージが込められているのかな?
DSC09745.JPG
ジオラマとCGの合成は良く出来ていました。
DSC09744.JPG

ストーリーについては、今までのドラえもんの話を継ぎ接ぎした感じで、やはり子供向け?
ドラえもんの最終回については色々な説があり、はっきりしていない。

個人的には継ぎ接ぎしたせいか、矛盾点が気になって楽しめなかった。
ドラえもんの道具による手違いで出来杉君が好きになっちゃったしずかちゃん。
それに対して出来杉君は「しずかちゃんは好きだけど、こんな道具に頼って君の心を動かすのは嫌なんだ。」と模範解答。
「私、ますます出来杉君が好きになっちゃったー。」としずかちゃん。
それなのに、どうしてのび太が好きになるのか、その理由を描いて欲しかった。

しずかちゃん程の賢くて慎重な女子が冬山登山なんて無謀な事をするのも無理がある。
遭難しちゃってのび太君に助けられて、命の恩人だから結婚するのか?
心配で放っておけないだけで結婚までするのか?私がしずかちゃんの親なら全力で反対するなー。
結婚前夜「私はのび太さんと上手くやっていけるか心配。」とお父さんに漏らす。
お父さんは「人の幸せを喜び、人の不幸を悲しむのび太君なら大丈夫。」と励ます。

時にジャイ子と結婚する話にもなりそうだが、ジャイ子だってジャイアンに散々いじめられていたのび太君に魅力を感じるだろうか?ジャイアンだって妹の幸せを思えば止めるだろう。

のび太君の魅力を描いて欲しかった。それとも皆周知の事実なの?
前の10件 | - 芸術鑑賞 ブログトップ